3287円 アルロー ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018] その他 chrisrob.emgtusa.com,ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018],アルロー,/counselor567443.html,その他,3287円 アルロー ブルゴーニュ 2018 値下げ ロンスヴィ chrisrob.emgtusa.com,ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018],アルロー,/counselor567443.html,その他,3287円 アルロー ブルゴーニュ 2018 値下げ ロンスヴィ 3287円 アルロー ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018] その他

アルロー ブルゴーニュ 2018 値下げ ロンスヴィ 信憑

アルロー ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018]

3287円

アルロー ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018]




今飲んで89 ポテンシャル90 飲み頃予想今~2035

きれいに目の詰まったエレガントで充実した香りが立ち昇ってくる。このワインはACブルの本当の銘酒の1本だけど、この18年の上質感はちょっとすごいものがある。口に含むと何という美味しさか。良い意味での18年的な豊かさがあり、酸がよく効き、味つきもバツグン。そして液体は滑らかでエレガンスまみれ、洗練性もこのクラスからしっかりと感じとれるすごいACブル。いつもいいけど18年は格別の感がある。(21年05月試飲)

リアルワインガイド74号




RWGが本気で選ぶ
ブルゴーニュ銘酒35本

リアルワインガイド29号


地勢環境的にも明らかな村名クラス。
凄いACブル


アルローは当主シプリアン・アルローが弟と妹とともに運営している、モレ・サン・ドニに拠を構える大変秀逸なドメーヌ。なんてことは本誌の読者ならもう知り過ぎていると思うが、念のため。ついでにビオロジーであり、耕作には馬を使うという、極めて自然なワイン造りを行っている。そのワインは、繊細で緻密で洗練された素晴らしいものだ。そしてここのACブルがご存じロンスヴィ。このワインのファンは多く、実際僕自身も人好きだ。なにせACブルとは全く思えない酒質を持ち、スタイルもアルローのDNAがそのまま受け継がれているから、美味しいことといったらない。それは、事情通の方なら既知のことだが、このロンスビィという区画は元々は村名クラスだったのだ。 1963年
に村名ジュヴレ・シャンベルタンとしてアルロー家が購入したが、その翌年にACブルヘと降格された。地図を見てもこの区画の両隣は村名クラスで、ポッカリとここだけACブルとなっている。実際現地で確認してきたが、畑の向き、傾斜、土壌など、全てが隣の村名格と同等だ。なので毎ヴィンテージ村名クラスの品質となる。

・畑の面積 5ha
・土壌 石灰質粘土土壌
・平均樹齢 39年
・平均収量 44hl
・その他 手摘みで収穫されたブドウは3段階の選り分け作業を経る。 100%徐梗、ブドウの破砕なし、低温マセラシオン(12
~16度)の後、自然酵母のみで発酵。

アルロー ブルゴーニュ・ロンスヴィ[2018]

マイナビニュース 公式SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
メールマガジン

ご興味に合わせたメルマガを配信しております。
企業IT、テクノロジー、PC/デジタル、
ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの5種類を用意。

無料登録はこちら

マイナビニュースについて

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリーまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。